2007年02月03日

犯罪収益流通防止法案

過去にもゲートキーパー制度について記事に書いたことがありましたが、今国会
で審議される予定の犯罪収益流通防止法案では、

「弁護士ら5業種除外 警察庁方針」

となるようです。


※関連サイト
国際組織犯罪等対策推進本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sosikihanzai/index.html
組織犯罪対策
http://www.npa.go.jp/sosikihanzai/index.htm

生涯学習のユーキャンで合格しました

「疑わしい取引」の届け出義務の対象外となるのは、

「弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士」

ということになりそうですね。

もちろん、最後までどうなるかは分かりませんが。


【資格と教養のスクール】フォーサイト




posted by GLH2 at 15:04 | Comment(1) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
ザル法になってしまいますね。特に弁護士、公認会計士のあたりで。
Posted by FB at 2007年02月05日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32734396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。