2006年11月12日

教育基本法"改悪"に警鐘を

これまでこの件について沈黙してきましたが、やはり書いておかなければなら
ないなーと感じています。

教育基本法"改悪"について。

なぜそこまで急ぐ必要があるのか?

「教育」とは国の柱となるものであり、それを司る「教育基本法」は「準憲法的
意義」のある法律である。

それをそんな簡単に変えてしまって良いのだろうか。

それを変えたから日本の教育は良くなるのだろうか。

マスコミもここぞとばかりに教育現場の問題点を煽り立てているが、そのこと
とこの法律の改正は無関係だ。

関係があるんだ、と豪語している輩もいるようだが、法律変えただけで教育
が良くなるならとっくの昔にやっているだろう。

それに、「いじめ」問題も今に始まったことではない。昔も今も変わらず存在
している。

それは子供の世界だけの話ではない。大人の世界にだって「いじめ」はある。

「いじめ」の根っこは子供の世界だけの問題ではない。

タウンミーティングでの「やらせ質問」問題。なるほど。全国各地を回って
悪質商法紛いの方法で世論を形成しようとしてきた訳だ。

この問題を別問題として法改正論議を進めようとしている政府の姿勢は全く
評価できないのは言うまでも無いだろう。

教育基本法を読んでいて思うが、そこまで急いで改正する必要があるのか
全く疑問であるし、政府の説明も全く納得がいかない。

改正の意義を国民の誰もが納得できる形で説明できていない現状の中で、
これを強行に進めることには強い嫌悪感を覚える。

改正に「YES」か「NO」か、と聞かれれば

「NO」

である。

納得のいく説明のできないのならそれは「改悪」以外の何ものでもないからだ。

議員の勝手な思い込みや信念を押しつけられる覚えは無い。この問題で本
当に大切なのは、教育現場いる「子供」のことをどこまで考えているのか、で
ある。

真剣に考えれば教育基本法改正以前にすべきことはある筈だ。



posted by GLH2 at 08:46 | Comment(2) | TrackBack(1) |
この記事へのコメント
GLH2さん
惨敗でした(^^ゞ
リセットして来年に挑みます!
またよろしくお願いします(^^)v

Posted by ハロハレ at 2006年11月14日 04:24
★ハロハレさんへ
おはようございます。

本試験お疲れ様でした。
新制度に変わって勝手が違うところもあって大変だったと思いますが、何か得たものもあったのではないでしょうか?

今後ともよろしくお願いします〜♪
Posted by GLH" at 2006年11月14日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「やらせ」と「さくら」
Excerpt: タウンミーティングは小泉前首相の公約として、 「政府と国民との直接対話」をうたい文句に導入し、 就任期間中に延べ174回も開催されました。 しかし、タウンミーティングでの「やらせ質問」が発覚し、 政..
Weblog: タンケのおちゃらけニュース秋冬編
Tracked: 2006-11-12 10:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。